« 通算250勝 | トップページ | 監督の采配 »

2007年4月 1日 (日)

バッテリー

2007033101 2007033102




名門校、仙台育英、今治西を倒し準々決勝にまで上がってきた常葉菊川。

準々決勝では優勝候補の大阪桐蔭との対決です。

打ち合いになってしまっては負ける、常葉菊川らしい守って勝つしかないと思っていました。

それが大当たり!!!

6回表まで0が続きました。

がんばれ~田中くん☆彡

田中くんは今回大会の注目選手・中田くんとの対決も逃げないで真っ向勝負!

チャンスには中田くんが回ってきてしまったが、中田くんがボール球を降ってくれて常葉菊川には助かりました。

が、6回ウラ5番の堀くんに打たれ先制打。。。

あぁ~これで負けるのかと諦めていたトコ、8回表に田中くんが甲子園初ヒットしかも3塁打、そして町田くんが同点打!

やったぁ~♪

また振り出しだ。

9回表には2アウトから捕手・石岡くんが2塁打で逆転打☆

9回ウラ、田中くんが大阪桐蔭を3人で抑え、2-1で勝利♪

この試合は投・打ともにバッテリーが活躍の試合でしたが、大阪桐蔭に勝利した時には優勝した時みたく涙が・・・。

ベスト4進出、準決勝はまたも名門校・熊本工と対決です。

田中くんの疲労が無ければいいのですが。

だって、大阪桐蔭戦での主審はストライクの幅がいつもの主審と比べて狭く、四球になってしまったり、カウントがよくなく130球も投げさせられたからねぇ!

|

« 通算250勝 | トップページ | 監督の采配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170655/14479179

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー:

» セミファイナルへ明日2試合 [れみいまるたん]
 準々決勝で勝ち残ったのは、まず常葉菊川(静岡)と熊本工でした。興行的には大阪桐 [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 11時37分

« 通算250勝 | トップページ | 監督の采配 »