« 2週間ぶりのボウリング | トップページ | 今季初逆転勝利 »

2006年7月23日 (日)

最後のドラマ

第14節サンガvsエスパ、アウエーしかも雨の中での試合でなかなか上手く進まないエスパでした。

その中、GK西部だけがいいプレーで目立っていた!

GKの目立つ試合は攻められていて余りよくない事ですが・・・。

(ーー;)

今回もずっ~と0-0、得点の動いたのは後半36分サンガ・アンドレのゴール。

アンドレは怖い!

パスはない、シュートばかりのFWだ!

そして後半40分クボが同点弾☆

健太監督、交代的中。

17位のサンガには負けられないエスパでしたけど、主審7試合目の東城穣主審に和道がハンド(PK)を取られた!

キッカーはアンドレ。

調子の良かった西部がピッタリセーブしCKに。

よくやったぁ~♪っていい気になっていたらすぐにゴール。。。

エスパ選手も、ともみ(エスパサポ)も集中が足りない場面でした。

それよりも和道のハンド、行為によるハンドでしょうか!?

しかもイエローを出したまだ初心者主審の東城主審は忘れない!

|

« 2週間ぶりのボウリング | トップページ | 今季初逆転勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170655/11073778

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のドラマ:

« 2週間ぶりのボウリング | トップページ | 今季初逆転勝利 »